トップページ > 文化芸術事業 > OZONE 60 SPECIAL ACADEMY RISING STARS MUSIC FESTIVAL

OZONE 60 SPECIAL ACADEMY
RISING STARS MUSIC FESTIVAL

次世代のRising Starたちによる本格的なライブ演奏や、親子で楽しめる歌とアニメのミニコンサート、小曽根真によるレクチャーなど、多種多様な形で老若男女が気軽に1日中、音楽を楽しめる場を提供する、小曽根真印の音楽の祭典!

若手ミュージシャンが東大阪市文化創造館に集結!
新しい才能が開花する瞬間を目撃せよ!!

小曽根真チラシ表面画像
小曽根真チラシ裏面画像

※画像をクリックするとダウンロードできます。
チラシ表PDF 3,670KBチラシ裏PDF 2,920KB

「主催事業(文化芸術事業)」にご来場される皆さまへのお願い

・ご入場の際はマスク着用をお願いします。発熱されているお客様のご入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。
・チケット購入者情報は、来場者から新型コロナウイルスの感染者が発生した場合など、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供する可能性がございますので、予めご了承ください。

その他、新型コロナウイルス感染拡大の予防対策についての詳細は「こちら」から。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の中止や延期、公演内容の変更が生じた場合は、東大阪市文化創造館のウェブサイトにて随時ご案内いたします。大変お手数をお掛けしますが、ご来場前に必ず最新情報をご確認いただきますようお願いいたします。

また、状況の急変により、ご案内した内容が公演当日に変更となる場合もございますので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

公演概要

●開催日
 2022年2月23日(水・祝
●時間
 15:00開演(14:30開場)
●会場
 Dream House 大ホール(座席表
 (東大阪市御厨南二丁目3番4号)
●出演

 【ナビゲーター】
 小曽根真(ピアノ)

 

 武本和大トリオ“The Real”
 中山拓海クインテット

今、素晴らしい才能を持った若いアーティスト達が、皆さんと出会う場所、皆さんに磨かれる時間を求めています。僕自身、多くのジャズレジェンド達に助けられながら、たくさんの素晴らしいお客様の前で演奏をさせていただき、ここまで成長させてもらいました。僕自身が還暦の節目を迎え、次世代の素晴らしいミュージシャン達を皆さんにご紹介できればという思いで、このイベントに参加させていただきました。
創造のエネルギーに満ち溢れた未来のスター達のレアな才能が、皆さんの素晴らしい感性と出逢うことで、きっと開花すると信じています。そのワクワクの瞬間を会場で楽しみながら、音楽の未来を育むための一歩を皆さんとともに踏み出せるイベントになると期待しています。

小曽根真

チケット料金(全席指定・税込)※未就学児入場不可

5,000円

★ランチ付き6,000円

会場ロビーに併設されている「まちライブラリーカフェ」でピザ+ドリンクが楽しめるスペシャルランチ付きお得なチケットです。

※ローソンチケットでのみお取り扱いです。

 

 PIZZA・・・マルゲリータ or ジェノベーゼ
 ドリンク・・・コーヒー、紅茶、ペプシ、セブンアップ、オレンジジュース、生ビール、ハイボール、グラスワイン
当日、9:00 19:00 の間にご利用頂けます。イベント終演後にもどうぞ!

※2月23日当日のみ有効

※行政の指示等によりアルコール類の提供ができなくなる場合もございます。ご了承ください。

同時開催
うたと絵

●開催日時
 2022年2月23日(水・祝)  

 11:30~12:00/13:30~14:00 ※各回30分前開場

●会場
 東大阪市文化創造館 1階 多目的室
 (東大阪市御厨南二丁目3番4号 東大阪市文化創造館)

 

●料金

 500円(自由席・税込)

 ※3歳以上は有料、2歳までは無料でご入場いただけます。


●出演

 歌:Uta

 ピアノ:兼松衆

 アニメーション:かがやきく

●予定曲目

 花、早春賦、Pretender ほか


※多目的室は2回とも同じ公演内容です。
※都合により演奏曲目、演奏曲順等が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

チケット発売日

【スクラムメイト(友の会)先行販売】 
2021年12月4日10:00販売開始

※お一人様につき、4枚までお申込いただけます。

※スクラムメイト先行は電話及びインターネット販売のみです。窓口での先行販売はありません。
※スクラムメイト(友の会)の入会方法は「コチラ」から。

 

【一般販売】

2021年12月18日(10:00販売開始

プレイガイド(チケットのご購入方法)

東大阪市文化創造館窓口(営業時間:10時~19時/休館日:第2火曜日(祝日の場合は翌日))

 ※窓口は、一般発売日の翌日10時から残席がある場合のみ販売します。

・東大阪市文化創造館チケットセンター(電話予約)

 TEL:0570-08-1515 (営業時間 :10時~16時)
・東大阪市文化創造館オンラインチケット

 https://higashiosaka.hall-info.jp/
チケットぴあ    

 TEL:0570-02-9999
ローソンチケット  

CNプレイガイド

 TEL:0570-08-9999(オペレーター対応)
イープラス    

※オンラインチケットは、午前2時から午前6時まではシステムメンテナンスの為、チケットのお申込みはできません。
※車椅子でのご来場のお客様はチケット購入後にキョードーインフォメーション(0570-200-888)にご連絡ください。

Profile

画像

小曽根真(Piano)
1983年バークリー音大ジャズ作・編曲科を首席で卒業。同年米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。2003年グラミー賞ノミネート。
チック・コリア、ゲイリー・バートン、ブランフォード・マルサリス、パキート・デリベラなど世界的なプレイヤーとの共演や、ビッグ・バンドの活動など、ジャズの最前線で活躍。また、クラシックにも本格的に取り組み、NYフィル、サンフランシスコ響など国内外のオーケストラと共演を重ねている。
2019年、小曽根真featuring No Name Horses 15周年記念アルバム、「Until We Vanish」をリリース。2020年はコロナ禍の緊急事態宣言期間中、53日間に及ぶ自宅からのライブ配信活動「Welcome to Our Livingroom」に多くの視聴者を集め話題となった。2021年には還暦を迎え、「OZONE60」と題したプロジェクトを、3/25の誕生日に行うサントリーホールでの記念リサイタルを皮切りに全国都道府県で展開中。平成30年度紫綬褒章受章。
オフィシャル・サイトhttp://makotoozone.com/

武本和大トリオ“The Real”

画像

2014年、武本和大をリーダーとして、三人が国立音楽大学在学中に結成。
ピアノの武本和大は2018年から井上陽介トリオ、ドラムのきたいくにとは2014年から増尾好秋バンド、ベースの佐藤潤一は2020年から守谷美由貴バンドに、それぞれ在籍。
楽曲の持つ世界観の中で、その場所、その瞬間に生まれたケミストリーを音楽に立ち上げる、即興性と創造性に溢れる若き俊英達のピアノトリオ。

 

画像

武本和大(Piano)
1995年11月10日、東京都生まれ。国立音楽大学演奏・創作学科ジャズ専修首席卒業。ジャズピアノを小曽根真、塩谷哲、宮本貴奈各氏に師事。2012年1月YECエレクトーン世界大会A部門第1位。2019年11月第57回グラミー賞ノミネートされたバイオリニストMeg Okuraと、武本和大自身のジャズピアノトリオ「KKJ Trio」とのコラボライブを開催。2019年~日本を代表するベーシスト井上陽介のピアノトリオメンバーに抜擢され、アルバム「New Stories」をリリース。2020年8月(株)ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスより、自身初となるデビュー1st EP『I Pray / Kazuhiro Takemoto』を配信リリース。Blue Note Tokyoにて行われた『小曽根真featuring NO NAME HORSES』でRising Starとして選抜されゲスト出演。
2020年11月日本のジャズ・ギター界を牽引し続けている井上智のギターカルテットメンバーに抜擢され、アルバム「9 Songs」をリリース。渡辺克己氏主催のzoomオンラインイベント『ピアノDUOによる即興演奏×朗読ライブ”みみをすます"』にて、渡辺氏の朗読に、塩谷哲氏とともにピアノDUOの即興演奏でコラボレーションセションを実施。

画像

きたいくにと(Drum)
ドラマー神保彰氏に才能を見出され18歳でプロデビュー。増尾好秋MAGATAMA、鈴木勲OMA SOUNDのレギュラーメンバーを努め、小曽根真Trio、エリックミヤシロバンドなどへ参加するなどジャズ界に身を置きながら、2021年にエンタメジャズバンド「Calmera」に正式加入し全国の大型ロックフェスに出演。
近年は角松敏生や佐藤竹善などのシンガーのバックバンドにも参加するなど、ジャンルを超えて活動。

画像

佐藤潤一(Bass)
1991年生まれ、東京都出身。高校生でベースを始める。国立音楽大学ジャズ専修出身。
ベースを井上陽介、金子健両氏に師事。2016年、2017年に行われたJazz Festival at Conservatory (JFC)にて選抜ビッグバンドに2年連続で選出され「東京JAZZ」に出演。2020年6月には、ブルーノート東京のCOVID-19 以降の会場観覧再開となった小曽根真公演に招かれ、注目を集めた。

中山拓海 カルテット

画像

リーダーの中山は、国立音楽大学を首席で卒業。在学中より活動を開始し、山野ビッグバンド・ジャズ・コンテスト最優秀賞ソリスト賞に輝く。
ロサンゼルスでの‘グラミーキャンプ’に日本代表として全額スカラシップを得て参加。2019年‘たくみの悪巧み’でキングレコードよりCDデビュー。
しながわジャズフェスティバルプロデューサー。2021年4月よりクインテットでの活動を開始。クリエイティビティとノスタルジーの共存を目指しオリジナル曲を中心としたステージを展開している。

中山拓海(Alto Saxophone & Soprano Saxophone)
1992年静岡県富士市に生まれる。国立音楽大学を首席で卒業。大学時代、早稲田大学ハイソサエティ・オーケストラに在籍し山野ビッグバンド・ジャズ・コンテスト最優秀賞を2年連続受賞、並びに最優秀ソリスト賞受賞。ロサンゼルスで開催されたグラミー主催、''グラミーキャンプ''に日本代表として全額スカラシップを受け参加。多国籍ジャズ・オーケストラAsian Youth Jazz Orchestraにてコンサートマスターを務め、アジア六カ国でツアーを行う。アゼルバイジャン共和国で開催されたバクージャズフェスティバルに自身のバンドで出演など国外にも活動の幅を広げる。2017年ジャズ雑誌"JAZZ JAPAN"の"2010年代に頭角を現した新鋭アーティスト60"に選出される。2019年4月、渡辺貞夫クインテット2days新宿ピットイン公演に渡辺貞夫氏本人によりゲストとして呼ばれ参加。同年12月CD"たくみの悪巧み"でキングインターナショナルよりメジャーデビュー。ジャズ国内アーティストとしてキングインターナショナルからのリリースは史上初となる。
株式会社JAZZ SUMMIT TOKYO代表取締役。しながわジャズフェスティバルプロデューサー(旧なかのぶジャズフェスティバル)。CJC JAPAN アシスタントディレクター(California Jazz Conservatory)。
クインテットでの活動は2021年4月から。クリエイティビティとノスタルジーの共存を目指しオリジナル曲を中心としたステージを展開する。

加藤友彦(Piano)
1993年生まれ三重県鳥羽市出身。中学生の頃に、ピアノの持つ音色の素晴らしさと可能性の深さに気付き、ピアノを弾きはじめる。一般大学のモダンジャズ研究サークルに所属していた兄の影響があり、高校生の頃、ジャズの魅力に目覚め、その道を志す。2016年3月に国立音楽大学ジャズ専修を卒業。ジャズピアノを小曽根真、塩谷哲の各氏に師事。

鈴木直人(Guitar)
1976年生まれ。4歳からクラシックピアノ、6歳からヴァイオリン、12歳からドラム13歳よりギターを始める。15歳より鈴木よしひさ氏に師事。
2004年Gibson Jazz Guitar Contest優勝。2014年Lee Ritenour's Six String Theory World CompetitonのJazz/Fusion Guitarist部門にて世界第4位獲得。
全国や海外のジャズフェスティバルに多数出演。シンガーのレコーディングやライブサポートにも多数参加。

金森もとい(Bass)
1983年生まれ、京都府出身。高校時代にアメリカ合衆国に留学し、現地で知り合ったBassist John Gilesの影響でベースを始める。帰国後群馬大学に入学。ジャズ研に入ったのをきっかけにジャズベーシストとして活動を始める。群馬大学、東京工業大学大学院をで卒業するが在学中より音楽に魅了されジャズベーシストを志す。
現在は首都圏を中心に自己のトリオ、様々なユニットで勢力的に活動中。

山田玲(Drums)
1992年鳥取県生まれ。これまでに小林茂文氏、猪俣猛氏、本田珠也氏、Gene Jackson氏に師事し、18歳よりプロ活動を開始。2012年前田憲男(pf)トリオに初参加。以降大西順子(pf) Nate Smith(ds)、大林武司(pf)、渡辺香津美などと世界各地で共演。
現在は映画の劇伴やCM、ポップスのバックミュージシャンのほか、自身のバンド"KejimeCollective"でも活動中。

Uta

画像

Uta(ボーカル)
幼少期よりクラシックピアノを習い、シュタイナー教育(芸術教育)を受け育つ。日本体育大学卒業後、営業事務、職業訓練校講師を経て、2015~フリーランスにて音楽活動をしながら、講師業に従事。ピアノ弾き語りシンガーとして10年ほど活動。その他CMやTV番組への楽曲提供等幅広い活動を行う。
2017年、自身の卒乳・断乳の経験を綴った「さよならおっぱい」を全国リリース。2018年には世界的なJazzピアニスト小曽根真のコンサートにゲストヴォーカルとして出演。現在は大分県を拠点に、フリースクールの音楽の先生、楽曲制作、シンガーとしての活動を三つの柱として、そのどれをも高めあえるように音楽活動を行っている。
https://www.youtube.com/channel/UCLaoP70FXICUgfdyALHyoJA

主催

東大阪市文化創造館(指定管理者:PFI東大阪文化創造館株式会社)

協力

株式会社キョードー

企画制作

株式会社ヒラサ・オフィス

お問い合わせ

「チケットに関するお問い合わせ」
東大阪市文化創造館チケットセンター

TEL:0570-08-1515(受付時間:10時~16時)


「公演に関するお問い合わせ」
キョードーインフォメーション
TEL:0570-200-888(受付時間:平日・土曜11時~16時

※4月17日(金)〜当面の間まで時短営業となります。

その他

・駐車場(有料)には限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。
・この内容は予告無く変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

Copyright © PFI東大阪文化創造館株式会社. All Rights Reserved.