トップページ > 文化芸術事業 > 東大阪市民オペラ第1回公演 歌劇『ラ・ボエーム(La Bohème)』作曲:ジャコモ・プッチーニ


東大阪市民オペラ第1回公演 歌劇『ラ・ボエーム(La Bohème)』
作曲:ジャコモ・プッチーニ 全4幕・イタリア語上演・日本語字幕付き

タイトル画像

―プッチーニの甘美な音楽と夢に友情に恋に生きる若者たちの儚くも美しい愛の物語―

華やかなパリの街。屋根裏部屋で生活を送る4人の若手芸術家たち。クリスマス・イヴの夜に詩人のロドルフォが仕事をしていると階下のお針子ミミがロウソクの火を求めて部屋を訪れる。運命的な出会いを果たした二人は春が来る日を夢見て愛を語るが、幸せな日々は長く続かず、ミミが重い病にかかっていることが判明。二人はお互いのことを想い、別れを選択する。春を迎える頃、果たして二人はどのような運命を辿るのか・・・

東大阪市民オペラ公演チラシ表面
東大阪市民オペラ公演チラシ裏面

※画像をクリックするとダウンロードできます。
チラシ表PDF 1,080KBチラシ裏PDF 2,480KB

「主催事業(文化芸術事業)」にご来場される皆さまへのお願い

・当日は体調管理にご留意いただき、マスク着用の上、ご来館ください。
・チケット購入者情報は、来場者から新型コロナウイルスの感染者が発生した場合など、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供する可能性がございますので、予めご了承ください。

その他、新型コロナウイルス感染拡大の予防対策についての詳細は「こちら」から。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の中止や延期、公演内容の変更が生じた場合は、東大阪市文化創造館のウェブサイトにて随時ご案内いたします。大変お手数をお掛けしますが、ご来場前に必ず最新情報をご確認いただきますようお願いいたします。

また、状況の急変により、ご案内した内容が公演当日に変更となる場合もございますので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

公演概要

●開催日時 
 2021年5月30日()14:00開演(13:00開場)
●会場
 Dream House 大ホール「座席表」「座席プレビュー
(東大阪市御厨南二丁目3番4号 東大阪市文化創造館)


芸術監督:谷 浩一郎
指揮:瀬山 智博
演出:奥村 啓吾

 

ロドルフォ:谷 浩一郎      
ミミ:山口 安紀子
ムゼッタ:四方 典子
マルチェッロ:西尾 岳史
ショナール:西村 圭市
コッリーネ:林 隆史
ベノワ・アルチンドロ:山川 大樹
パルピニョール:小林 峻

合唱:東大阪市民オペラ合唱団、東大阪市民オペラ児童合唱団
管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団(外部リンク

チケット料金(全席指定・税込・未就学児入場不可)

画像

【S席】
一般5,000円(スクラムメイト会員4,500円)
高校生以下2,000円(スクラムメイト会員1,800円)

車椅子及び介助者席2,500円
車椅子及び介助者席(高校生以下)1,000円

※S席につきまして予定販売枚数は終了しました。(車椅子席・介助者席を除く)


【A席】
一般3,000円(スクラムメイト会員2,700円)
高校生以下1,000円(スクラムメイト会員800円)

車椅子及び介助者席1,500円

車椅子及び介助者席(高校生以下)500円

チケット発売日

【スクラムメイト(友の会)先行販売】 
2021年2月13日()10:00販売開始
※お一人様につき、2枚までお申込いただけます。
※スクラムメイト(友の会)の入会方法は「コチラ」から。

※スクラムメイト先行は電話及びインターネット販売のみです。窓口での先行販売はありません。


【一般販売】
2021年2月20日()10:00販売開始

プレイガイド(チケットのご購入方法)

東大阪市文化創造館窓口(営業時間:10時~17時/休館日:第2火曜日(祝日の場合は翌日))

 ※窓口は、一般発売日の翌日10時から残席がある場合のみ販売します。

・東大阪市文化創造館チケットセンター(電話予約)

 TEL:0570-08-1515 (営業時間 :平日11時~15時/土日祝10時~15時)
東大阪市文化創造館オンラインチケット 

 https://higashiosaka.hall-info.jp/
※オンラインチケットは、午前2時から午前6時まではシステムメンテナンスの為、チケットのお申込みはできません。
※車椅子席・介助者席をご希望の方は、東大阪市文化創造館チケットセンターまでお問い合わせください。インターネット販売はありません。

Profile

谷 浩一郎画像

芸術監督/谷 浩一郎

東大阪市出身。ドイツ国立マンハイム音楽大学卒業。在学時、マンハイム国立歌劇場『ナクソス島のアリアドネ』でデビュー。ハイデルベルグ市立歌劇場にて『ウィンザーの陽気な女房たち』のフェントンを演じ好評を博す。オペラのみならず、ドイツ各地の教会でバッハのカンタータや、クリスマスオラトリオの福音史家などのソリストを多数歌い、好評を得る。
長久手国際声楽コンクールファイナリスト。第43回イタリア声楽コンコルソ入選。
2005年から2007年まで、ウィーン音楽大学夏期講習会にて、2006年から2007年までチェコ国際声楽セミナーでディプロマを取得。
2011年から毎年全国高校ラグビー大会開会式にて、また東大阪市市制45、50周年記念式典で国歌を独唱する。
堺シティオペラ定期公演『カルメン』(ホセ役で出演)が大阪文化祭賞奨励賞を、関西歌劇団定期公演『皇帝ティートの慈悲』(タイトルロールで出演)が大阪文化祭賞奨励賞を受賞。
兵庫県立芸術文化センターワンコインコンサートに出演(2000席が発売開始日に即日完売)、2017年年間No.1アーティストに選出される。その結果を受けて2019年に同センター小ホールにてアンコール・リサイタル『冬の旅』が開催された。この公演も400席が即日完売し、人気の高さを証明した。毎日放送の番組「ENT」で「間違いなく関西歌劇界を担う逸材」と紹介される。サントリー1万人の第九指導者。大阪音楽大学演奏員。関西歌劇団理事。音楽創作工房ムジカヴィーヴァ、関西歌劇団オペラ教室、神戸市民文化振興財団、同志社女子大学各講師。

瀬山 智博画像

指揮/瀬山 智博

これまでにドイツのマグデブルグ歌劇場、デッサウ・アンハルト州立歌劇場、スイスのヴィンタートゥール歌劇場などの歌劇場で指揮者を務め、オペラとシンフォニーの両分野において国際的な活動を続けている。
 2008年にドイツのアーヘン市立歌劇場のコレペティトールとして活動開始、2009年にウィーンのシェーンブルン宮殿歌劇場でモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」を指揮してヨーロッパデビュー。ブレゲンツ音楽祭、グラフェネッグ音楽祭やトリノ王立歌劇場においてアシスタント指揮者を務め、2016年からはドイツ・マグデブルグ市立歌劇場のカペルマイスター(専属指揮者)として活動。オッフェンバッハ 「パリの生活」、ビゼー「カルメン」、ニコライ「ウィンザーの陽気な女房たち」、ロルツィング「密猟者」など、数々の公演を指揮し高評を博した。
 ウィーンでは2003年よりウィーン楽友協会合唱団のメンバーとして研鑽を積み、同合唱団コレペティトールとしても活動。その他、トーンキュンストラー管弦楽団アシスタント指揮者、ウィーン少年合唱団の指導を務めるなど、活動の場は多岐にわたる。
 大阪音楽大学ピアノ科、ウィーン国立音楽大学 指揮科および同大学院修了。シエナ・キジアーナ音楽院オーケストラ指揮ディプロマ所得。ブザンソン国際指揮者コンクールファイナリスト。

奥村 啓吾画像

演出/奥村 啓吾

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。2010年に渡伊。パオロ・グラッシ主催ミラノ演劇学校にて演出を学ぶと同時に、フィレンツェ歌劇場をはじめとするイタリアの歌劇場で、演出部として研鑽を積む。
2011年9月に、オペラ「結婚手形」をアウディトリウム・トスカニーニ(セグラーテ)にて演出しイタリアデビュー。2015年に枚方シティオペラの旗揚げ公演にて芸術監督兼演出家として好評を博す。
2018年さわかみオペラ芸術振興財団より派遣され再び渡伊。日本人として初めてアレーナ・ディ・ヴェローナの演出チームに加わり活動する。二期会、藤原歌劇団、日伊共同制作オペラ、新国立劇場にて演出助手を務める。
今までに、20作品以上のオペラを演出している。現在、枚方シティオペラ芸術監督。

谷 浩一郎画像

ロドルフォ(芸術監督)/谷 浩一郎

山口 安紀子画像

ミミ/山口 安紀子

国立ヴェルディ音楽院ミラノ声楽科卒業、同大学院を首席で修了。第49回日伊声楽コンコルソ優勝。伊フォルリ市立歌劇場や藤原歌劇団主催「蝶々夫人」題名役をはじめ、欧州・日本各地でオペラやコンサートに出演。
藤原歌劇団団員。

四方 典子画像

ムゼッタ/四方 典子

同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。同大学音楽学会《頌啓会》特別専修生修了。オペラや関西の主要なオーケストラの演奏会にソリストとして多数出演している。
関西二期会、堺シティオペラ各会員。

西尾 岳史画像

マルチェッロ/西尾 岳史

大阪音楽大学専攻科修了、イタリア・ミラノに留学。数多くのオペラに出演、演じた役柄は60以上に及び艶やかな声と鋭いキャラクターの洞察力に定評がある。主役にて出演のオペラが佐川吉男音楽賞、三菱UFJ信託音楽奨励賞、大阪文化祭賞優秀賞等多数受賞。第18回日本歌曲振興会日本歌曲コンクール第2位。現在、関西二期会会員、関西歌曲研究会理事、堺シティオペラ会員、神戸市混声合唱団団員、大阪音楽大学演奏員、関西二期会オペラ研修所、神戸女学院大学各講師。

西村 圭市画像

ショナール/西村 圭市

大阪音楽大学院修了。新国立劇場オペラ研修所12期生修了。平成24年度文化庁新進芸術家海外研修員として渡英。様々なオペラ公演にソリストとして出演。「第九」、宗教曲等ソリストも務める。大阪音楽大学演奏員。

林 隆史画像

コッリーネ/林 隆史

愛知県立芸術大学声楽科首席卒業、同大学院修了。オペラ、宗教曲等で多くのバスソロを務める。混声合唱団『コール・フォルトゥーナ』代表兼指導者。京都芸術大学非常勤講師。びわ湖ホール声楽アンサンブルソロ登録メンバー。

山川 大樹画像

ベノワ・アルチンドロ/山川 大樹

大阪音楽大学音楽専攻科修了。バス・バリトンの豊かな声で滑稽な役からシリアスな役まで演じ分け、多数の舞台で活躍している。
関西歌劇団正団員、堺シティオペラ運営委員。

小林 峻画像

パルピニョール/小林 峻

関西を中心に活動を行う、声楽家・作曲家・編曲家。オペラ、クラシックコンサート医、ポップス、CM音楽等、様々な楽曲を歌唱している。また、合唱曲の作曲・編曲や自身以外のアーティストへの楽曲提供も行う。枚方シティオペラ、京都市少年合唱団、京響コーラス、「こんごう」特設合唱団、京都ミューズ、アンサンブル「フローラ」の合唱指導を行っている。

関西フィルハーモニー管弦楽団画像

関西フィルハーモニー管弦楽団

1970年発足。2018年公益財団法人化。2020年に楽団創立50周年を迎えた。
2011年、世界的ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイが年音楽監督に就任。首席指揮者には藤岡幸夫、桂冠名誉指揮者には飯守泰次郎が就任している。2015年には東大阪市と「文化芸術のまち推進協定」を、2020年には門真市と「音楽と活気あふれるホームタウンパートナー協定」を締結。BSテレ東の音楽番組「エンター・ザ・ミュージック」(毎週土曜朝8時半)に藤岡幸夫と共に出演中。
オフィシャル・ホームページ http://www.kansaiphil.jp/

主催

東大阪市文化創造館(指定管理者:PFI東大阪文化創造館株式会社)

後援

画像

お問い合わせ

「チケットに関するお問い合わせ」
東大阪市文化創造館チケットセンター

TEL:0570-08-1515(受付時間:平日11時~15時/土日祝10時~15時)


「公演に関するお問い合わせ」
東大阪市文化創造館
TEL:06-4307-5772(受付時間:9時~18時

その他

・駐車場には限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。
・この内容は予告無く変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

Copyright © PFI東大阪文化創造館株式会社. All Rights Reserved.