トップページ > 文化芸術事業 > 林 英哲 スペシャルコンサート2023『春鼓人宝~しゅんこ・ひとだから~』

林 英哲 スペシャルコンサート2023『春鼓人宝~しゅんこ・ひとだから~』

林 英哲 スペシャルコンサート2023チラシ表面
林 英哲 スペシャルコンサート2023チラシ裏面

※画像をクリックするとダウンロードできます。
チラシ表PDF 589KBチラシ裏PDF 777KB

ご挨拶

また春が巡って来ました。
世の風は激しくとも、春がめぐって花が開くと、何か良いことが起こるような前向きな気持ちになります。
春の太鼓は人の宝・・そう念じつつ、今回迎えるゲストは、意外なひょうきんさも併せ持つピアニスト・作曲家の新垣隆さん、そして英哲風雲の会の最強面々。
今年も東大阪の皆さまに元気な響をお届けしましょう。どうぞお楽しみに!

林 英哲

「主催事業(文化芸術事業)」にご来場される皆さまへのお願い

・ご入場の際はマスク着用をお願いします。発熱されているお客様のご入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。
・チケット購入者情報は、来場者から新型コロナウイルスの感染者が発生した場合など、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供する可能性がございますので、予めご了承ください。

その他、新型コロナウイルス感染拡大の予防対策についての詳細は「こちら」から。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の中止や延期、公演内容の変更が生じた場合は、東大阪市文化創造館のウェブサイトにて随時ご案内いたします。大変お手数をお掛けしますが、ご来場前に必ず最新情報をご確認いただきますようお願いいたします。

また、状況の急変により、ご案内した内容が公演当日に変更となる場合もございますので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

公演概要

●開催日
 2023年2月25日(

●時間
 15:00開演(14:15開場)

●会場
 Dream House 大ホール(座席表
 (東大阪市御厨南二丁目3番4号)
●出演

 和太鼓:林 英哲、英哲風雲の会(上田秀一郎、はせみきた、木村優一、田代 誠、辻 祐)

 スペシャルゲスト:新垣 隆(ピアニスト、作曲家)

演奏予定曲目

第一部
「鬼あられ」(作曲:湯山 昭)
演奏:林英哲、新垣 隆、英哲風雲の会(上田、はせ、木村、田代、辻)
「ピアノ・ソロ」
演奏:新垣 隆(ピアノ)
「ボレロ」(作曲:M.ラヴェル)
演奏:林英哲DUO新垣 隆

第二部
組曲「レオナール われに羽賜べ」
演奏:林英哲、英哲風雲の会

チケット料金(全席指定・税込)

S席6,500円

A席5,500円
※未就学児入場不可

チケット発売日

【スクラムメイト(友の会)先行販売】 
2022年11月10日(木)10:00販売開始~11月17日(木)23:59まで

※お一人様につき、4枚までお申込いただけます。
※予定枚数に達し次第、受付を終了させていただきます。

※スクラムメイト先行は電話及びインターネット販売のみです。窓口での先行販売はありません。
※スクラムメイト(友の会)の入会方法は「コチラ」から。

 

【一般販売】

2022年12月3日()10:00販売開始

プレイガイド(チケットのご購入方法)

東大阪市文化創造館窓口(営業時間:10時~19時/休館日:第2火曜日(祝日の場合は翌日))

 ※窓口は、一般発売日の翌日10時から残席がある場合のみ販売します。

・東大阪市文化創造館チケットセンター(電話予約)

 TEL:0570-08-1515 (営業時間 :10時~18時)
東大阪市文化創造館オンラインチケット

 https://higashiosaka.hall-info.jp/

チケットぴあ

ローソンチケット

CNプレイガイド

 TEL:0570-08-9999(オペレーター対応)

イープラス


※東大阪市文化創造館オンラインチケットは、午前2時から午前5時まではシステムメンテナンスの為、チケットのお申込みはできません。
※車椅子でのご来場のお客様はチケット購入後にキョードーインフォメーションにご連絡ください。

出演者プロフィール

林 英哲画像

林 英哲(太鼓奏者、作曲・演出家/英哲風雲の会主宰・芸術監督) Eitetsu Hayashi

佐渡・鬼太鼓座、鼓童の創設に関わり、通算11年間活動。1982年ソロ活動を開始。初の和太鼓ソリストとして、大太鼓ソロ奏法や太鼓群を用いた独奏法の創作、舞台作品の創作、演出、オーケストラとの共演など、前例のない”太鼓音楽“の表現を築き、国内外で活躍中。
欧米を始め54カ国におよぶ海外公演で人気を博し、カーネギーホール出演やベルリンフィルとの共演、独自のコンサート・ツアーの他、近年では2018年「日加修好90周年記念カナダツアー」。同年、パリの日本博「ジャポニスム2018」フィルハーモニー・ド・パリ公演はソールドアウトで大成功となった。
また、東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会主催「NIPPONフェスティバル」公式映像での音楽、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ曲、劇中曲でのソリスト参加や、藤倉大など現代曲の新作初演も多い。東京藝大客員教授、筑波大学院講師など歴任。2021年演奏活動50周年、2022年は独奏40周年を迎える。1997年芸術選奨文部大臣賞、2001年日本伝統文化振興賞、2017年松尾芸能賞大賞、2021年JST山本邦山記念賞、2023年第32回福岡アジア文化賞大賞を受賞。
http://www.eitetsu.net/

新垣 隆画像

新垣 隆(ピアニスト・作曲家)Takashi Niigaki

1970年東京都出身。4歳よりピアノを始める。桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。作曲を南聡、中川俊郎、三善晃、ピアノを森安耀子の各氏に師事。2015年「ピアノ協奏曲新生」、2016年「交響曲連祷 Litany」を発表。コンサートのための作品、バレエ、映画、ゲームなど様々なジャンルの作曲も手がける。川谷絵音プロデュースのバンド「ジェニーハイ」にキーボードとして参加。2018年、桐朋学園講師に復職。2019年、富山桐朋学園大学院大学特任教授に就任。2020年、大阪音楽大学客員教授に就任。教育の分野において重責を担う。日本現代音楽協会、日本演奏連盟会員。

英哲風雲の会

林英哲の弟子ユニット。1995年結成。「風雲の会」とは熟語の「英主と賢臣とが出会うこと、志を遂げる好機」から採ったもので、プロ活動を志す若手奏者の育成とその活躍の場を提供する目的で結成。13名による初作品「七星」を始め、林英哲コンサートメンバーとして多くの舞台作品に参加。海外ツアーや、オーケストラ、邦楽、邦舞、歌舞伎、ジャズなど、多様な場での経験を元に、各自が独自のソロ活動を展開している。
2012年、国立劇場『日本の太鼓』公演では、林英哲監修『光の群像』と題し、メンバー創作曲を中心にトリを務めた。音楽経験を積んだプロの打ち手として、その圧倒的なパフォーマンスは海外でも大反響を呼んでいる。
今回のコンサートではメンバーの中から、関西出身の上田秀一郎、木村優一の久々の共演、他にはせみきた、田代誠、辻祐の5名が出演する。

主催

東大阪市文化創造館(指定管理者:PFI東大阪文化創造館株式会社)

協力

株式会社キョードー

お問い合わせ

「チケットに関するお問い合わせ」
東大阪市文化創造館チケットセンター
TEL:0570-08-1515(受付時間:10時~18時)

「公演に関するお問い合わせ」
キョードーインフォメーション
TEL:0570-200-888(受付時間:平日・土曜11時~18時)

Copyright © PFI東大阪文化創造館株式会社. All Rights Reserved.