トップページ > 施設からのお知らせ > 非常災害時の施設使用に関する取扱いについて

非常災害時の施設使用に関する取扱いについて

東大阪市域に気象警報が発令された場合、原則として閉館はございませんが、お客様のご利用状況により安全確保の観点から、臨時休館とさせていただくこともございます。大規模な地震(震度5弱以上)が発生した場合においても、同様の取り扱いとさせていただきますので、予めご了承ください。
ご利用に関しましては、主催者のご判断にお任せいたしますが、参加者の安全には十分にご留意いただきますようお願いいたします。

◎警報発令による利用料還付等の取扱いについて
特別警報または暴風警報発表日から解除日までにおいて、これらを理由に施設の使用を中止した場合や、東大阪市域に大規模な地震等が発生したことによって施設の使用を中止した場合は、利用料を還付します。
施設使用中に警報の発表があり中止した場合や、大規模な地震等が発生したことによって中止した場合においても、利用料は還付します。
ただし、引き続き使用された場合、利用料は還付いたしません。

還付対象となる取扱基準について
次の各時点で東大阪市域に「特別警報」または台風の接近等による「暴風警報」が発令されているとき。

判断基準となる時刻    対象となる利用時間区分
午前7時         午前区分
午前11時         午後区分
午後4時         夜間区分

※窓口業務は行いません。

◎還付(返金)の対象となるのは既払い分の施設利用料および附属設備利用料のみとなります。発注物(人件費、看板、その他消耗品等)がある際は、使用の有無に関わらず請求となる場ございます。あらかじめご了承ください。

◎周知について
臨時休館の場合は、電話でのお問い合わせによる対応のほか、東大阪市文化創造館ウェブサイトなどでお知らせしますので、ご確認ください。
ただし、突発的な災害の状況により、ウェブサイトでの周知が困難な場合がありますので、ご了承ください。

Copyright © PFI東大阪文化創造館株式会社. All Rights Reserved.