トップページ > インタビュー一覧 > 関西フィルハーモニー管弦楽団 弦楽四重奏メンバー

関西フィルハーモニー管弦楽団 弦楽四重奏メンバー

 2月3日といえば、節分の日。それから、プレイベント「関西フィルメンバーによる弦楽四重奏コンサート」の開催日でもあります!
 出演して頂く、友永健二さん(第1ヴァイオリン奏者)、野口まつのさん(第2ヴァイオリン奏者)、飛田千寿子さん(ヴィオラ奏者)、大町剛さん(チェロ奏者)にお話をお伺いしました。

弦楽四重奏メンバー
弦楽四重奏メンバー

(左から野口さん、飛田さん、友永さん、大町さん)

―ご自身の担当楽器を始めたきっかけは?
友永さん(ヴァイオリン)
「小学校にオーケストラ部があり、入学した時から必然的に演奏を聴く機会がありました。その時に、ヴァイオリンがかっこよくて、弾きたいと思ったのがきっかけです。」
野口さん(ヴァイオリン)
「小学校にオーケストラ部があり、入学式で先輩方が弾いているのを見て、中でもヴァイオリンを弾いている姿がかっこよくて、弾きたいと思ったのをきっかけに、音楽教室に通い始めました。」
飛田さん(ヴィオラ)
「高校にオーケストラ部があり、演奏を聴いて『かっこいい!』と思ったことがきっかけです。」
大町さん(チェロ)
「音色の良さ、それからチェロがかっこいいと思ったことがきっかけです。」

―最初からプロの奏者を目指しましたか?
友永さん
「小学校の卒業アルバムに『プロのコンサートマスターになりたい』と書きました。小中学校のオーケストラ部の先輩方が音楽の高校に進学するので、自分も進学したかったのですが、経済的な理由で親に反対されてしまい、一度は諦めて一般の高校と大学に進学しました。就職活動をして内定も貰ってましたが、やっぱり子どもの頃からやりたかったことを諦められず。大学オーケストラに入ってたんですけど、トレーナーとして来てくださってた関フィルの方に、『音大行ってなくても、オーディションに通ればプロになれる。君はプロになったほうが良い』と言って頂いたので、内定を辞退して、オーディションを受けました。」
野口さん
「小学低学年から始めたのですが、ヴァイオリンの先生が厳しい方で、習い始める前に『もし生半可な気持ちなら、始めないでほしい』とおっしゃってて。真剣にやらないともったいないって意味なんですけど、そのお言葉もあり、小学生ながら自然と音大を目指してて、高学年の頃にはプロになりたいと思っていました。」
飛田さん
「高校入学時は音楽の教師を目指していました。ヴィオラを始めたのが高校1年生の時。弦楽器を始めるにしては遅かったのですが、本格的なレッスンを受けるとすごく楽しくなり、勉強すればするほど奏者になりたくなりました。大学は音楽専門の学校に入ったのですが、楽器を始めたのが遅かったこともあり、卒業後の進路に悩みまして・・・。でも諦めきれず、卒業する直前にオーディションを受けたところ、合格しました。」
大町さん
「もともとギター奏者のプロか、もしくは友人の父親に中華料理を教えてもらう機会があり、今でもたまに料理するほど調理することが好きなので、調理師になるか悩みました。結局、音楽の大学に入学することにしました。」

―いつか1度はお会いしてみたい、憧れの方は?
友永さん「オイストラフ。大好きなんです。」
野口さん「嵐。対談とかしてみたいです。全員がダメなら相葉くんだけでも・・・!」
飛田さん「ヴォルフラム・クリスト。でももうお会いできちゃったんですよね。」
大町さん「パブロ・カザルス。演奏を生で聴きたかったです。」


―「こう見えて、私、○○が得意です!」
友永さん「中国語が得意です。台湾で演奏したりもします。現地の屋台は安くて美味しいです。」
野口さん「マッサージするのが好きです。弦楽器弾いてると指とか肩とか凝りやすいんですけど、他の奏者の凝るところがなんとなくわかるので上手くできます。」
飛田さん「音楽一筋ですね~」
大町さん「ロックギターです。昔、関フィルとギターで2回ほど共演もしたこともありますよ。」

―2月3日「関西フィルによる弦楽四重奏コンサート」、聴きどころや意気込みは?
友永さん「今回は節分の日ということで、鬼のパンツ♪で有名なフニクリ・フニクラを選びました。」
飛田さん「もーもたろさん♪ももたろさん♪」
一同「それ桃太郎(笑)」
友永さん「あと演奏以外だと、ヴァイオリンを体験して頂くコーナーも盛り上がると思います。」
飛田さん「それをきっかけに楽器を始めたり、コンサートに来て頂けたら嬉しいです。
今回のコンサートで大人の方だけでなく、お子さんにも興味を持って頂ければと思います。それからお父さんお母さんには今回をきっかけに、本格的なコンサートにも興味を持って頂き、ゆくゆくはおじいさんおばあさんも含めた家族全員で来て頂けると嬉しいです。今後、東大阪市文化創造館でも、コンサートを聴いて頂く機会が増えればと思います。」
野口さん「お子さんにも楽しんでもらえるような、和やかなコンサートにしたいです。」
大町さん「それぞれの楽器の魅力をアピールでき、『また来たい』と思ってもらえるようなコンサートの雰囲気作りができればと思います。」

弦楽四重奏コンサート

※募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
●開催日
2019年2月3日(日)
●時間・対象
お昼の部/13:00開演(12:30開場) 0歳から入場可
夕方の部/16:00開演(15:30開場) 小学生から入場可
●会場
大阪商業大学 ユニバーシティホール蒼天
(大阪府東大阪市御厨栄町4丁目1-10)
●出演
関西フィルハーモニー管弦楽団 弦楽四重奏
第1ヴァイオリン 友永 健二
第2ヴァイオリン 野口 まつの
ヴィオラ 飛田 千寿子
チェロ  大町 剛

Copyright © PFI東大阪文化創造館株式会社. All Rights Reserved.